長工事務局の
 

 

 応援歌








 〒940-0084
   新潟県長岡市幸町1丁目
     13番地8号 (長工会館内)
   TEL /FAX 0258-33-3188
   Mail =
   koshinohirono@m2.nct9.com
 

"長工魂"を次の時代に伝えるために、同窓会活動にご協力ください !!



第114回 卒業式

     ◇3月1日(金曜)

        今年は暖冬で雪のない小雨の中で行われました。卒業生226名が進学就職と新たな道へと飛び立っていきます。

        この3年間、長工の学び舎で培った学習やクラブ活動での経験を活かし、これからの苦難を乗り越えて大きく育ってほしいと

        願っています。同窓会には経験豊富な先輩たちが沢山社会に活躍されています。

        卒業生も長工の誇りをもって、様々の事にチャレンジしてください。 卒業おめでとう!



栃尾在住の先輩が来館

     ◇12月19日(水曜)

        栃尾在住の嶋田進(S27E)様と松田強(S35W)様が来館されました。

        嶋田様は、110周年の記念事業で故宮川三郎氏の記念碑の建立を提案された方で、一方松田様は「蛍と平和」「匠の世界」

        を揮毫され、それを記念碑に彫らせて頂いた方々です。嶋田さまは平成29(2017)に長工大賞を受賞。

        今回来館されたのは、以前に知覧を訪れた時に「知覧特攻平和会館」と「特攻の母鳥浜トメ資料館」で買い求められた品々

        を皆様から見て頂こうと寄贈のため来館されました。

        これを契機に故宮川三郎氏の資料(写真保存)を整理し、今回に資料と一緒に展示したいと思います。



校舎のつつじが紅葉しました

     ◇11月31日(金曜)

        春一斉に咲き誇った桜の葉もほぼ散り落ちて、校門前のつつじが赤く染まりました。毎年行われる自然界の移ろいですが、

        同窓会員が通学していた頃を思い出していただこうと、ついカメラを向けてしまいます。

        来年の卒業生は3月には巣立って行きます。校舎の桜や銀杏・ヒマラヤ杉の逞しさを胸に、進学や社会人として頑張って行

        ってほしいと願っています。



第10回「新潟県内高等学校同窓会長有志懇談会」の開催

     ◇11月9日(金曜)

        10回目の「同窓会長懇談会」が本校同窓会が当番幹事として行われました。

        今までは普通高校が行ってきましたが、今回初めて技術高校へと順番が巡って来ました。それならば県内でも一番の広い

        敷地に建っている校舎を見て頂き、普通高校には無い実習室を見て頂こうと本校と調整をしてきました。

        会議の中では、各同窓会の取り組みや悩みを発表して頂きましたが、20校の同窓会のお話をお聞きしますと、あっという間

        に予定時間が来てしまいました。

        その後、長岡市は今年が開府400年を迎えたため、すぐ隣の旧市役所の「さいわいプラザ」にある牧野記念館を見て頂きま

        した。次に、映画になる事で現在話題となっている「河井継之助」の記念館を見学し、懇親会場のパストラル長岡へ移動しまし

        た。懇親会のオープニングは、母校OB等が結成した「長岡マンドリンアンサンブル」で開始。そのマンドリンが奏でる優しい音

        色に、すっかりファンになられた方も居られ、来年の演奏会には、お友達を連れて行きますと言っておられました。

        次回の懇談会は、糸魚川の「海洋高校」へとバトンタッチし閉会となりました。「海洋高校」では、来春に十数億円の練習船が

        出来上がるとの事。期待大です。



電気科2年クラスの出前授業

     ◇11月7日

        昨年に引き続き「長岡電気工事協同組合」による「出前事業」が行われました。

        対象は電気科2年生で、これから社会人になる時は是非電気工事関係に進んでほしいと、全国的に行っている事業なのだ

        そうです。各電気屋さんから派遣された方々が、工具の使い方や電材など懇切丁寧に指導され、また電気工事は幅広い分

        野に関係していており、やりがいのある仕事であることを強調されていました。

        電気科の諸君、是非この道を選んでみては如何。




2018年「長陵祭」にてクロスレー発動機の始動

     ◇10月27日

        長工の文化祭である「長陵祭」が行われました。昨年の「長工祭」で初めてクロスレー発動機の始動会を行いました。

        これを契機に1年に一回を文化祭に合わせて始動する事にしたのですが、1年間休むと、なかなか動くまで時間がかかります。

        各部を調整しながら時間がかかりましたが何とか動いてくれました。

        古いせいか相変わらず本調子とはいきません。排気管からは生ガスが大量に出てきます。同時に燃えなかった灯油も混じ

        りバケツに溜まります。ところが、その灯油が急に燃え出し慌てて消火器2本で何とか消し止めるハプニングも発生し、一時

        はどうなるかと心配しました。

        大事に至らず消えてホットしたところです。来年に備えて新しい消火器に取り替えて来年も安全に動かせるように準備を済ま

        せました。




第4回「理事会兼支部長会議

     ◇9月26日

        県教育委員会から出されたH31〜H33の「県立高校再編整備計画」が出され ました。中越地区では、農業・商業そして本

        校もH33年に1クラス減の計画が提示されています。この事は、地場産業にも大きく影響があるため、同窓会として、今後ど

        のような対応が必要かを、理事・地域支部・職域支部の代表に集まって頂き協議をしました。

        この間多くの学校関係や有識者を訪問し、説明をしご意見などを頂戴してきました。それらの報告と各委員の方々のご意見

        をお聞きしました。結果これから同窓会として重要課題として取り組むことを決議いたしました。



母校支援金授与式

     ◇8月29日

        今年の夏は猛暑で、いたるところで熱中症のニュースが頻繁に流れています.。いつもは終業式に行うのですが、急遽生徒

        の安全を考慮して始業式に行いました。同窓会として生徒研究や部活などの遠征費の一部として使って頂くための資金と

        なっています。少額ではありますが、立派な成果を残していただきたいと思っております。



沙織さんを救う会

     ◇8月10日

        昨年、同窓会の皆様に募金のお願いをした、勝田沙織さんです。父親の勝田義則さんは、長岡工業高校の卒業生であり、

        同窓会として微力ながらご支援をさせていただきました。

        難病のため昨年12月に渡米し、今年の1月8日に移植手術をされました。経過は良好で、4か月間のリハビリを終えて6月4日

        に帰国されました。 ご両親との元気な会見の記事を拝見し、本当に良かったと安堵しています。

        これからいろんな事にチャレンジしてください。おめでとうございます!


記事は、こちらです。


大運動会の開催

     ◇6月6日

        大運動会が開かれました。薄曇りの中の開催で気温も低く絶好の大会日和になりました。

        昔からの伝統となっている大きな各科のパネルは時代を反映していて、なかなかの力作となっています。

           今回は、障害物競争・タイヤ争奪戦・リレー・棒倒しを拝見しました。

        競技に対する真剣さが見ている方達にも伝わってきます。お疲れさまでした。



東京支部発足40周年記念、長工新道(鋸山)を歩こう会

     ◇5月13日

        長工新道を歩こう会が行われました。東京支部発足40周年を記念しての企画で、東京支部4名と小千谷支部1名・本部事務局

        1名の6名での登山です。会報に案内を載せていたのですが、発行が遅れたせいか参加人数が少なくなってしまい。企画された

        方にお詫びしなければなりません。

        創立110周年に企画で登って以来の鋸山となります。天気予報は50%と良くなく、雨がポツリポツリとあたる中でのスタート。

        いつもは多くの登山客とすれ違うのですが、今日はまばらです。静寂の中に、うぐいすの声に交じって雨粒が葉を叩く音や我ら

        テンポの遅い足音を楽しみながら頂上へ。765mの低山とは言え、標高を上げて行くと登山道にはわずかに残雪があり、カタク

        リの花などがまだ、咲き誇っています。

        花立峠で昼ご飯を食べる頃には、雨脚も強くなり東京支部の4名は山頂へ登りましたが、長工新道は断念しました。

        早々に「悠久山湯元館」へ、お風呂とお酒が待っています。此処の娘さんなのですが、料理を並べながら「私も長工の卒業生

        です」と言われ、嬉しくて話も弾みお酒が旨くなる事この上なし。聞くところによると、会長や事務局長と同じ化学科出身なのだ

        そうです。今回は天気には恵まれませんでしたが、思わぬ出会いがあり記憶に残る山行となりました。


     ◇東京支部長様より、お手紙が届きました。

        40th年記念に意義多い行事となりました。本部支部総会に東京支部より十数名が出席の予定です。よろしくお願いいたします。

                                   樋口 昭 (H30-5-21)




2018(H30)入学式

     ◇4月6日

        平成30年満開の桜が咲く中で行われました。桜は入学式にふさわしい華やかさを彩ってくれました。

        中学から高校へと一回り大きくなって見えるのは私だけでしょうか。個々の生き方を左右する大事な3年間です。

        様々な事を学び体験し大きく育ってほしいと、先生はじめ父兄や同窓会も期待をしています。 おめでとう!

        因みに本校の桜は、昭和26年(1951)に25本が植えられ、現在100本の桜が、春の訪れを楽しませてくれています。

        体育授業では、生徒が花吹雪の中を走り抜ける姿は清々しく見えます。


        


合格発表

     ◇3月13日

        午後2時に合格リストが張り出されると一斉に歓声が起こり、リストの周りに人だかりができます。

        笑顔で父兄共々肩を抱き合い喜ぶ姿とご本人のホットした姿が印象的でした。ただ、今年は35名が不合格になったとの事で、

        がっくりと肩を落とし帰られる姿も見られ、この事をばねに次にチャレンジして欲しいと願っています。